つま先はどこを向いている。

こんばんは ホットコムの茂木です。 僕は内股なんです。つま先はお互いを見ているようです。 どうしてももじもじしている感じがします。 先日、気持ちが落ち込んでいる時がありました。 下を向いて歩いていました。 視界につま先が出たり入ったり、、あ、、つま先まで内側向いている、、、、 こんな時は、つま先だけでも外側向けてみようと思って、つま先を外側に投げ出 すように歩いてみました。 十歩、二十歩、、、、百歩 二分、五分、十分、、、 あれ、、、、 ちょっと背筋がピンってなったような気がした。 ちょっとだけ、元気になったような気がした。 目線も遠くを見ている。 つま先も視界から消えている。 元気になった気がした。 僕は内股です。 弱気になるともっと内股です。 あなたのつま先はどこを向いていますか? Copyright (C) 2017 Hotto Communications All Rights Reserved
More

【怒ってしまうとき】HottoCom

こんばんは。 ホットコムの茂木です。 子供を怒りたい。あーもう!!1 なんて、びっくりマーク三連発なんてよくあること。 本当に我慢ならないことが多いよね。 僕はコーチングを学びはじめ、、 その後、こんな質問を自分自身にした。 「何に怒っているの?」 と 言うことをきかない子供に怒っている? 子供が言うことをいうことをきかなければ怒っていいの? 言うことをきかないことに怒るって、、 前提は言うことをきいてあたりまえってことだよね? ん???? なんかちがう。 子供に限らず、いうことをきく、きかないの選択権はその人にあるはず。 でなければ、その人を自分の奴隷にしている?あるいは奴隷だと思っているので はないの?? ぞっとした。 そこまで、高慢ちきな親だったのかとおもうと、、 手間がかかるから、面倒くさいから、こどもを思い通りにしたいのだ。 それは、奴隷のように、、、、 ぞっとする。 僕は立ち止まった。「こどもの判断をきいてみよう」と思った。 どんな答えが返ってこようと、それはそれで受け止めてみたいと思った。 子供はもう、人間だから、感情を持ってい...
More

【子育てとコーチング2】HottoCom

こんばんは。ホットコムの茂木です。 現在、子育てが終盤になり毎日が試行錯誤を繰り返しています。 何を試行錯誤かといいますと、 「自分の子供に対する期待値への行動」と「子供が目指しているものへの行動」 のギャップ その「ギャップを理解すること」 親は親で過ごしてきた経験から、「こうあるといい」という結果を持っています。 子は子で「こういうふうになりたい」という希望があります。 親が思い込む(イラショナル・ビリーフとする)姿に近づいてもらうことで、親 の満足度を上げようとしている、自分がいる。 それは、子供の幸せを望むからとする。 子は子で自分の夢を叶えるための行動を続けている。 その行動が、親と子で違うんです。 親から見ると「未熟」や「甘い行動」に見えてしまって、、ついつい親が答えだ と思っている行動を強要しそうになるんですよ。 そんな時は「自分はコーチである」「子供が自分自身の能力で目標達成が叶うよ うに支援するんだ」「子供と自分は違う人間なんだ」と言い聞かせるんですね。 子供の能力が自分の行動で開発してもらう為の環境を作るんだ。 と 子供が能動的に行動す...
More

【子育てとコーチング】HottoCom

こんばんは ホットコムの茂木です。 今回は子育てとコーチングがテーマです。 僕は現在18才と20才の息子達を育てて?います。 自画自賛ですが、この二人とはよく話をするんです。実際20才はふるさとを離れ 一人暮らしをしていますので、最近はあまり話をしていませんが、、、 本当によく話をします。 夜、息子の部屋にいってとか、車で送迎の時に話したり、、、 そのときにはいろんなことを聴いてきます。 僕も率直にいろんなことを伝えます。 なんで、こんな風になったのか? 少年野球の監督をしていたときには長男次男を怒鳴り散らかしたりしていて、長 男はプチ家出もしたりしていて、、、 結構衝突もしていたようにも思います。 野球の監督をしていて、怒鳴り散らしながら真の男の付き合いが生まれてい た、、、 なんてことはありません。絶対に、、、 あることを学んだおかげなんです。 コーチングスキル、コーチングマインドを学んで実践したおかげなんですね。 「聴く」「うなずく」「繰り返す」「質問する」「承認する」。これを実践した おかげなんです。 どうしても、子供と話していると自分の思うとお...
More

【裸の王様とフィードバック】HottoCom

こんばんは ホットコムの茂木です 裸の王様の続きです。 子供はなにゆえ「王様は裸だ」と言えたのでしょう? 純真だから、、 素直だから? 言葉を知らないから、、、 城の外にいるから? なぜでしょうか? こういう解釈はいかがでしょうか? 子供は権力者に左右されないから、、 子供は権力を知らずに、誰でもどんな人でも自由に発言できるから、、 子供の親は、言おうにも言えない。それは、王様は自分の住んでいる領域の権力 者ということを知っているから、、自分に影響するからですね。 家臣はもちろん言えません。解雇されたり、処刑されちゃいますよね。 そしたら、家臣はご飯を食べられなくなるし、家族は路頭に迷うし、、 子供はどうかというと、前述したことは理解していないし、関係ないんですね。 そんな関係性は、、 だからこそ、見たままを言える。 では、王様はなぜ、子供の言葉を信じたのか? 王様は子供というものは「見たままを言う存在である」ということを知ってる。 権力が及ばない、権力の影響力の外にいる存在である。 そのような関係性が成り立っているから。と言えるのではないでしょうか?...
More